読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたいちょろい

二次元三次元ひとっとび

ジャニオタがプリライに初めて行ってきた話

※もうプリライめっっっっちゃくちゃたのしかったんだけど言及したいこと覚えておきたいことがありすぎてこの長さ。だらだら書いたので起承転結とか皆無。暇なときにお読みください※
 

プリライ5th両日参加してきました。

2日目はもともと友人から誘われていて参加する予定でいたのですが、初日はわりと直前にフォロワーさんに誘っていただき急きょ参加を決めました。
初日はアリーナAのセンステ寄り下手側ブロック、2日目はバクステ側200レベルスタンドの10列前後。両日ともに結構よいお席で見させていただいてありがたい。
 
初めて行ったプリライは本当にしぬほどたのしくて脳内でドーパミンがドパドパ溢れ出てて大変な2日間でした。
正直プリライ1stの頃がいちばん純粋な気持ちで行きたかったのかもしれないとおもう。1stの頃から地道な応募を続けては外れる有様だったんですが、だんだんゲームもアニメも回数を重ねていくうち、わたしの中には強固に凝り固まった一十木音也像が出来上がっていて、気付いたときには実際現場でみて楽しめるかがもう自分でもわからなかった。結局のところ、わたしは一十木音也のことがもうなんか何故かわからないけどほんとうにほんとうにすきで、音也担を名乗り始めてもう数年経つけど、寺島=音也とはやっぱり思っていなくて。寺島は寺島で単体ですきなんだけど(某キャラで中の人との解釈違いにしぬほど苦しんだりもしたから、寺島がすきだと思えるだけありがたい話なんだろう)、二次元の世界でこれ以上なくセンターをまっとうする音也がすきだった。天真爛漫に笑ってみせるけど、空気読めない発言も多いし、裏では遊んでたりとんでもないクズでもあって(自分解釈)、センターであることに無自覚なプライドを持っている(これも自分解釈)。音也というキャラクターの解釈が自分の中ではすでに強固に出来上がってしまっていた。だからこそ、プリライという声優さんがキャラクターとしてライブをする空間を心底楽しめるのかがわからなかった。
なんか寺島本人が最初から音也をやっているのに解釈違いもクソもあるかという話だけど、音也のキャラクター・性格はまだしも、「アイドルとしての音也」の、特にステージ上での振る舞いは各々が脳内でたくさんたくさん補完してきた部分だと思うんですよ。各期OPや劇中曲を例として、それぞれの歌割ポジション振る舞いすべてを深読みして妄想して積み上げてまた解体して、繰り返すことでわたしの中に出来上がった「アイドルとしての音也」を崩さずにいてくれるだろうかと。たぶん同じ気持ちでプリライに行こうか迷った人、結構いたと思う。わたしの中にある「アイドルとしての自担」をこの次元で声役のおじさんお兄さんたちがやることに戸惑いはあって当然だった。
ライブ終わってみて、わたしは最終的に寺島=音也であるとはやっぱり思っていないんだけど、一瞬だけでも心から一十木音也だと思える瞬間に立ち会えたと思えた。それがいちばん得られたものだったかもしれない。サンキュの間奏、音也の笑った表情が、手を振る仕草が、ずっとずっとわたしの頭の中にいた一十木音也そのもので、それをみた瞬間に一十木音也というアイドルが現存していることを確信して、ぼろぼろ泣いた。
その表情はほんとうに、ほんの一瞬、あの角度からしか見れなかったもので、それはそのときその場所にいるからこそ見ることのできた「生身の一十木音也」で、ライブに足を運んではじめて見られた部分だったと思うんですよね。二次元の自担の表情が演者である声優さんの顔に降りてくる瞬間。あのシーンは生で見たからこそ意味があった。だからわたしはやっぱり現場に行ってよかったなって心から思っています。
あとわかってたことなんだけど、色とりどりのメンバーカラーで染まったさいたまスーパーアリーナの30000の光の洪水を、自担たちが集めたんだとおもったら、それだけで誇らしくてうれしくて、なんだかんだそれだけで満足してしまったなあと思う。
わたしのだいすきなうたプリ楽曲を生で聴ける空間があるってなんだかもうそれって、シンプルにそれそのものがしあわせだなと思った。
 
あとは細かい感想です興味ある人だけどうぞ。
 

[ステージ構成]

ステージ構成はジャニーズでよくみる形だったね!!!!
メインステ+センステ+バクステでメインステからバクステまで真ん中に花道1本。センステがステージとしてはいちばん大きい。センステは上部が4面張りのスクリーンで、真ん中は3重構造のせり上がりステージ。
トロッコは外周あり。メインステバクステセンステ全部に着けるようになってたのでどこから登場してどこに行くのか予想できなくて初日は結構混乱しながらみてた。
アリーナ入った瞬間からセンステの構造がもうまるっきりNEWS10周年でみたやつ・・・と思って震えた。めっちゃアイドル!!!最高!!!
ちなみに話題のアリーナ構成はほんとうにクソみたいな構成でしたね!ブロックの区切り方が変な位置だったりとかしてなんかほんと裏を勘繰りたくなるお席配置。初日アリーナだったんだけどアリーナ入ってお席どこだろ~とおもってブロック図みて仰天してくっそわらった。
 
○初日挨拶
初日だけ幕が開く前に出演者からご挨拶があります、とアナウンスでメインステに11人が登場。最初ぜんぜんわかんなくて普通にわーぎゃー湧いてたら、森久保だったかな?から「ご覧のとおり蘭丸が」って言われて初めて気付いた。詳細は公式HPでも出ていた通りで鈴木達央が左ひじを骨折、三角巾姿だった。
正直前回からの流れからしても達央は絶対踊ると思っていたし、どうするんだろうって思ったし、でも達央が「蘭丸ならやると思うんで」って言ったとたんに涙がぼろぼろ零れてきて「あぁ、らんちゃんなら言うわ」ってなんの疑いもせずにすとんと納得してしまって、そこからは「あぁ、それでもがんばるひとだ」と思えて挨拶の間ずっと泣いていた。
達央が「ほんとうに自分の不注意なんです」って繰り返し言っていたの覚えている。森久保にしろ達央にしろ蒼井くんにしろまえぬにしろ、4人とも忙しいことはわかってて、歌も踊りもたぶん本業の枠じゃなくて、それでも4人がカルナイを現実に見せてくれようと毎回がんばってくれてることだけは事実で、少ないリハを必死にやろうとしてただけなんだろうなと思うんですよ。もちろん不注意は不注意でぜんっっっぜん褒められたことじゃないんだけど。やるって決めたんだったらプロとして自己管理しろって思うけど。それでも達央が必死に周りは悪くなくて環境も悪くなくて、自分ひとりがって言い方するところがなんかもうほんと、ばかなのにいとおしくて、事実をそのまま言おうとする不器用さとやさしさみたいなところが、ほんとうにたまらなく蘭ちゃんだったような気がして(たぶん蘭ちゃんはもっとスマートに言うだろうけど)、あぁ、蘭ちゃんじゃなくても、このひとは蘭ちゃんとして振舞うひとだ、とおもって、なんだかすごくうれしかったような気がします。蘭丸担じゃないから解釈違ってたら申し訳ない。
 
1.The dice are cast/QUARTET☆NIGHT
最初CMでも流れてたルーレットとダイスの映像が流れて最初何の曲かわからなくて、イントロでやっと認識するっていう。正直に言ってルーレット担だからルーレット映像ほんとうに心臓に悪いさすがにないと思ってたけどまさかと一瞬思ってしまった。
メインステージ階段が左右に割れて中からカルナイの4人が登場。1曲通してメインステ。
Bメロロマンティックに~のあたりで嶺蘭、カミュで背中合わせ。背中合わせどうしても大好物なのでその場で崩れ落ちた。
サビの振付映像と違ったよね?ふんわりしか覚えてないけどその場で踊ってすごいたのしかった・・・その場で振りコピはジャニオタの特技・・・。
 
2.マジLOVEレボシューションズ/ST☆RISH
センステ奈落から。
ほんとすたーりっしゅちゃんは掛け声が最高に楽しい・・・C&R最高・・・C&Rに全力だった以外の記憶がほんとうにない・・・。
サビの振付はたぶん映像と同じだった感じかな?ほぼそのまま踊れた気がする。
 
3.月明かりのdearest
あ~~~~~~~~~~~~~こんなだいすきな曲やるなんてきいてないぞ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!さいこう!!!!!!!!!!!!
センステの両脇から藍カミュ登場。藍ちゃん下手カミュ上手。トロッコ乗り込んでメインステへ。落ちサビあたりでメインステ中央に集合。
サビに振付あり。振付蒼井くんすんごいさくさくこなすのと反対にすごいがんばってるまえぬが愛おしい。サビのカウントダウン3,2,1の藍ちゃんうつくしすぎてやばみしかなかった。親指人差し指中指を立てて3,2,1に合わせて中指から閉じていく振付だったとおもうんだけど蒼井くんはほんとうに表情を作る余裕があるところがすばらしくてな~藍ちゃんのつんとした感じながらも少し微笑んだりとかしてみせるのほんとうに器用にやってくれるので遠慮なく湧ける・・・ありがとうSUKI・・・
大サビで背中合わせやってくれて最高だった。
終わりの振付がお辞儀なのもなんか藍ちゃんっぽいカミュさまっぽいかつシンデレラを迎えに行く王子様みたいで最高にかっこよかった・・・。
この曲って藍ちゃんの高めの声とカミュさまの低音がやわらかく混ざるところがほんとうにすきでな・・・デュエットって感じがして・・・生で聴けてよかったしあわせ。
 
4.RISE AGAIN
バクステ登場。
蘭丸ヘッドセット、嶺二ハンドマイク。蘭ちゃんは骨折してたからだろうな・・・ヘッドセット・・・骨折しててももう片方の腕を自由にしたくて、もう片方の腕ですべてを表現するためにヘッドセットっていう選択肢なんだろうなと思ってまた軽率に涙零れるクソオタ。
蘭ちゃんが骨折してない腕で嶺二の肩抱いた瞬間も嶺二がお返しに蘭ちゃんの肩抱いた瞬間も尊みの極み(合掌)
蘭丸ヘッドセットだからふたりが顔近づけると1本のマイクで歌ってるようにみえるのが最高だった・・・ありがとうすきだよ・・・
 
5.Innocent Wind/美風藍
藍ちゃん~~~~~~~~~~~~~~~~~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
藍ちゃんの楽曲がバラードよりもぴこぴこ系になってきたのほんとうにうれしすぎてそれだけで祝杯モノなんだけどこの曲もがっつり踊ってくれてどうもありがとうございました・・・。
曲終わりにメインステ上手の上段で背中から落ちていく藍ちゃんのうつくしさといったらもう筆舌に尽くしがたい。潔すぎる。なんの躊躇いもなく落ちていくから初日の悲鳴といったら。何が起きたのかわからない悲鳴だった。直後に藍ちゃんの声で「ありがとうそばにいてくれて」って流れてもうそれだけで「藍ちゃん~~~~~~~;;;;;;;;;;;;」ってびーびー泣いた。ASの藍ちゃんルートがすきすぎるだけだよ文句あるか。
あとこの曲まじで照明が最高にいい仕事してた。照明の花形レーザーですが、個人的にプリライ通していちばん感動したのがこのレーザーで「あぁ、わたしいまアイドルのライブに来てる」って実感することができたいちばんの要因はレーザーでした。
もともとKAT-TUN担やってるのでわぁい照明厨、照明大好き♡っていうテンションで常に照明演出には注目してしまうタチなんですけど、すごいカラフルなレーザーがあらゆるところでバンバン飛んでたんですよ三次元アイドルのライブと遜色ないレベルの照明が飛び交ってた事実素晴らしいの一言。
8割近く稼働してたんじゃないかと思うくらいいろんな場面でレーザーが使われていたんですが、ほぼすべての場面でメンカラーに合わせたレーザーが使われていました。要するに11色も使い分けられてたんです・・・色が豊富なだけじゃなくきちんと光量のあるレーザーでほんとうつくしい照明だった・・・。
藍ちゃんはキャラクター的にも曲調的にもレーザーが非常に似合うのでバンバンレーザー飛んでて大変満足です。やはりアイドルのライブは照明があってなんぼやで・・・。
 
6.ONLY ONE/黒崎蘭丸
字幕芸に拍手喝采。字幕が手書きっぽいフォントで表示されててそれが最高によかった・・・NMPの上田竜也ソロラビオアのあれみたいな感じ・・・伝わってくれ・・・。
バクステ登場でほぼ全編バクステだった?かな? 1番がマイクスタンドで後半ヘッドセット。
鈴木達央ほんとに骨折してんだよな・・・?って疑うくらい全力で踊っていたのでいとおしみが過ぎて泣いた。プロだよあんた・・・蘭丸でもそうするだろうなってわかっててあれなんだろうな・・・まあ蘭ちゃんが骨折するポカやらかすとは思えんけど()
衣装が白いロングベストみたいなの羽織ってたから裾がガンガン翻るのさいっっっっこうだった。もっとやって。あれをきれいにカメラに収めてくれているといいな・・・いい仕事だったよ裾・・・。
 
7.Saintly Territory/カミュ
カミュ様宗教まじ宗教。
メインステはるか上空にご登場なされて、マントをなびかせながらのフライングでセンステ前に降臨される。色が水色なのも合わさってまあなんていうか某跡部様のご降臨的なフラッシュバックが・・・いやさすがにドリライでもフライングで上から登場はいまんとこないわ、うん黙るごめん・・・。
2番からステッキ。この曲だっけ?途中でマント剥ぎ取るの。最高にぴぎゃった。
なんていうかまえぬってもともと踊れるひとではないはずなのに全編がっつり踊っていてすごい不器用ながらがんばって踊ってて、とても完璧なダンスとはいえないのに迫力だけで押し込まれてどんどんカミュ様に見えてくるんだよな・・・ほんとうに神々しかった。
ただステッキ扱ってるときにちょっと間違えてごんってマイクにステッキぶつけてて音鳴ってたよな。がんばれまえぬ。すきだよ。(ついでのような告白)
あとこの曲の水色のレーザーさいっっっこうによかった!!!!!!!!!!!特に大サビ手前!!!!!!!!!!!!!!!水色のレーザーが左右からバシッと入っててまじで鳥肌たってしにそうだった・・・照明お前最高の仕事してたぜ・・・。
2日目はオケが一瞬飛ぶハプニングがあったんですが、涼しい顔でそのままアカペラで歌いきったまえぬほんとうにカミュさまだった・・・ハプニングに強い・・・まあイヤモニの音声は途切れてなくて出力がおかしかっただけなんだろうとは思いつつ、それでも動揺を一切見せない姿はやはりカミュさまみがいきすぎていた。
 
8.NEVER.../寿嶺二
ああ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(万感の思い)
途中から泣いていた。ずっとずっと寿嶺二に自分好みの曲がこなかったので、こんなにすきな曲が寿嶺二に来てくれたことに衝撃を受けて曲開始3秒で固まったアニメ放送時の自分を思い出して息が止まりそうだった。そのまま呼吸を止めてしんでしまいたいくらい、ほんとうにほんとうにしあわせだった。
センステ登場。1サビ終わりで帽子投げる振り。どっかでみたことあるよ16秒の亀梨和也かよそれオタクだいすきなやつだよとおもって笑いながら泣きながらぴぎゃった。感情が忙しい。
途中観覧車がディスプレイに映し出されてアニメの再現があってもうそれも泣いた。
森久保おじさん全編踊っていてついこないだまで踊ってなかったじゃん!?ってくらい踊れててびびったけど、全力って感じじゃなくさらっと流す感じがむしろこの曲にもあってて余裕綽々お兄さん寿嶺二感あって非常によかった・・・もともとジャズテイストなので全力じゃないほうが合うよね。
こないだ音源聞き込んでて初めて気付いたんだけどこの曲音源も森久保の普段の歌い方よりもだいぶあっさりめにしてあって、なんかほんとうにありがとうっておもった。ほんとうに普段言わないけど言うよ。すきだよ寿嶺二。
 
9.ポワゾンkiss/QUARTET☆NIGHT
すき~~~~~~~~~~~~~~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
カルナイでいちばん再生数多い曲がこれで、やってくれるとはあんまりおもってなかったのでイントロ来た瞬間に泣いた。
センステ?メインステ登場だっけ?ラスサビでバクステに。
2日目がバクステよりスタンドだったんですけど、ほぼほぼ目の前の位置で跪きなよが見れたのでそれだけでも感無量
 
10.エボリューション・イブ/QUARTET☆NIGHT
鳥肌の立つようなアカペラの入り。
アニメ3期の終わり痺れるほどかっこよかったカルナイと目の前にいる4人の姿がダブって引かれるほど泣いた。
この曲をこの位置に配置した意図を考えれば考えるほど泣くしかなかった。
そしてここで唐突にセトリの話しますけどここまでほぼすべてカルナイで構成されています。要するに前編は擬似カルナイコンだったんです。そして擬似構成されたカルナイコンさいっっっっっこうのセットリストじゃないです!?!?!?!OPに掴みのいい全員曲のダイスで始めてユニット曲を2曲、ソロ曲4曲とそれぞれの個性をアピール、人気の高い全員曲ポワキス披露のあとに、アニメ3期でカルナイにとって最重要の位置を担ったエボイブが来るんです。ねえ!!!!!!このセットリストエモい!!!!!!!!!!!!エモすぎる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ほんと興奮息切れ動悸の3コンボ。もうエボイブ来た瞬間からびーびー泣いた。最高のカルナイコンだったありがとう。わたしはカルナイがほんとうにだいすきだ。
正直達央の事情もあって完璧なパフォーマンスじゃない部分はあって、それでも4人が最高にかっこよかった。ただ立ってアカペラを歌うだけの4人がほんとうにカルテットナイトに見えた。わたしが一生かかってもあえないはずのカルナイがそこにいるように感じた。だいすきでいつまでたってもこえられない壁で居続けてくれるかっこいい孤高のカルテットナイトが、そこにいた。
でもきっと達央の骨折がなかったらもっとかっこよかったんだ。これがまだ頂点じゃない、これからもっと上があるってはっきりあのパフォーマンスは示していた。カルナイこんなもんじゃねえぞってプライドを見せつけられた気がする。それはほんとうに不運による偶然の産物だったわけだけど、もっともっと上があることをはっきり示してくれたカルテットナイトが最高にかっこよくて、わたしはやっぱりだいすきです。ほんとかるない担になりたい・・・カルナイコン担になればいいのかな・・・(錯乱)
初日はおそらくマイクトラブル?達央だと思うけどなかなかイントロ始まらなくてざわざわした。2日目はまえぬがマイク直してた気がする。
2番「ふさわしい愛で」で嶺蘭、カミュでふたりで手でハートマーク作る振り付けがめっちゃアイドルでぎゃんかわ。
間奏ではソロダンスコーナーまであってなんでそこまでアイドル;;;;;;;;;;;;;;とおもって興奮しながら号泣した。ロダンス終わりに次の人指差す振り付けほんとうにだいすきなのでカルナイで見れたいましんでもいいと本気で思う・・・。
あと一緒に入ってた友人からきいたんだけど、2サビ全員で内側に左手を出して円になって回る振り付けがあって、でも達央怪我してるから左手出せなかったんだ。で、2日目、逆回りになって右手を出すようになってたらしい。やめてよおおそういうプロ意識みたいなの軽率に泣くから;;;;そういうかるないちゃんがすき;;;;
 
○カルナイMC
カルナイが4人揃って「カルテットナイトです!」っていうだけで涙腺崩壊するBBAだからもう結構感極まってた。
始終いじられて「今日だめだ」って頭抱える達央と怪我のことがあってなかなか強めに出られない達央をいじる森久保さんまじ絶妙な距離感ですさまじかった。
圧倒的にMC回し慣れてる森久保兄さん見て「やっぱりお前が寿嶺二だよ・・・」ってMC中に100回くらい思った。
蒼井さんはやっぱりかわいいしか言葉がない。「4人で向かい合って歌ってるとき泣きそうになって」っていう蒼井くんにこっちが泣くしかなくなるやつ。
まえぬは今回もカミュさまを愛しすぎていて以下略。
MCレポ結構出回ってるので割愛しますが、個人的にいちばんすきだったのが「蘭丸が病院いってる間「もし3人でやることになったら」を想定したリハを実施する他3人がそれでも蘭丸はきっと戻ってきてやるっていうだろうなって思ってたという3人の蘭丸への信頼」ですほんとうにしにましたどうもありがとうございました。
あと「今日は怪我してて大変そうだからお風呂に入れてあげようかな」っていう森久保嶺二と「やめろ」って焦る鈴木蘭丸ひどすぎて妄想が公式に勝てない。
 
○ダンサーコーナー
ダンサーコーナー入れてきたあたりがまたジャニーズコンサートみが高くて非常によかった。
そういえば三代目踊ってた噂の彼は初日も2日目もはりきってRYUSEIしててくそわらいました。初日もめっちゃわらったし2日目もまたかよwwwとおもってみてたから記憶が濃い。
 
○シャイニングシアタームービー
シャイニングシアターのトレーラーがここで一気に流れました。
あっ宣伝だけなんだ~ふ~んやらないのか、とおもったのに、なぜかポラリス2周目が来て、えっまさかえっ、と挙動不審なところに打ち出されるスクリーン。
ポラリス now showing」
えっっっっっっっっなう???なうしちゃう?????
 
11.ポラリス/四ノ宮那月、一ノ瀬トキヤ、愛島セシル
もうトレーラー流れた瞬間やらないかと思ったわ!!!!!!!!!!!映像だけかと!!!!!!!!!!!!!!!!!ありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
イントロ何十回きいてもガンダム。日5アニメOP感が高すぎる。
クレーン使用。那月バクステ、トキヤメインステ下手、セシルメインステ上手。
衣装が黒いパイロットスーツで大変えっち。
ほぼ全編だったと思うけど紫のレーザーがメインステ下手、緑のレーザーがメインステ上手、黄色のレーザーがセンステから出てたのが最高すぎて死んだ。わざわざ登場場所とレーザーの出力場所あわせてきたの最高・・・ありがとう・・・照明厨まじ生きてるしあわせ・・・。
 
12.Pirates of the Frontier/一十木音也、黒崎蘭丸、カミュ
音也トロッコ下手、カミュトロッコ上手、蘭丸センステ。
間奏でメインステ着。音也蘭丸vsカミュで殺陣。
殺陣最高にかっこよかった・・・かっこよかった・・・。剣を扱う音也がめっちゃキャプテンで船長でもうわたし感無量。走馬灯のように流れるあのツイッター泣くほど不安でもがんばったうちの子を褒めてあげたい。
もういまとなってはという話なんだけど、出来ることならペンライトの青い海を渡らせてあげたかったな~~~~自分も自信満々に赤振ってたんでアレだけど。
あと達央の三角巾がすごくて、カルナイ衣装のときは白くてキラキラしてる三角巾だったんだけどパイフロは衣装に合わせて茶色の三角巾にしてたところで衣装さんと達央の気持ちを思ったらもう泣けた。
 
13.BLODDY SHADOW
藍 ち ゃ ん 最 高 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
もう藍ちゃん一生ついていきたいと思えるパフォーマンスだった・・・いやほんとに・・・藍担になりたい・・・。
センステ上手藍ちゃんセンステ下手レンさまセンステメイン側まあさま登場。
衣装はほぼほぼブラシャそのままで白いシャツに黒いパンツ、黒いマント。
途中からワイヤーでつられてフライングで上下。その間にみんなマントをひらめかせるの最高is最高。
そんで藍ちゃんなんと赤いカラコン入れてきてたんですよ・・・たった1曲のために・・・あのビジュアルを再現するために・・・カメラに抜かれるとすごくいつもの表情とは違った狂気じみた笑みを浮かべてくれるんですよ・・・牙がみえるようだった・・・。蒼井くんの表情を作る能力が高すぎてこのときずっと慄き震えながら双眼鏡でガン見したのに初日逆サイで大変悔しかったのでいっそサイドチェンジしたかったですね!!!!!!!【求】プリライサイチェン!!!!!!ブラシャ藍強火担になりたかった!!!!!!!!!!
蒼井くんはブラシャもだけどイノセントとか月明かりとかカルナイ曲もほんと全部表情芸がすんごくて「カメラに抜かれた美風藍」をとことん再現しにかかっていて最高のしあわせだった。眼福。
 
14.エブリBUDDY!!/寿嶺二、来栖翔
メインステの階段が割れて車に乗った嶺二と翔ちゃんが登場。
そう、車。赤いオープンカー。そして運転寿嶺二。
後にTLを見ていた感じマスタングだったらしく「赤のマスタング運転する寿嶺二」だけで灰になるレベルで萌えたしもうちょっとしにたい。
メインステからセンステまで車で移動。そのあと降りて間奏はダンス。走る振り付けする翔ちゃんの必死感とてもかわいかった。
あとでMCでも説明されてたんだけど森久保兄さんまじで運転してるんですよ・・・メインステ登場からメインステ定位置に止めて、そのあとタイミング合わせてメインステからセンステ運転してまたしても定位置ばっちり止めてるんですよ・・・しかも歌いながらマラカス振りながらさくさくこなしてるんですよ・・・。
翔ちゃん「助手席乗ってて惚れそうになる」
デスヨネーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!森久保さん夢をどうもありがとうございました。
 
15.シャイン/宮野真守
2日目feelmeがちょうど目の前で宮野真守のえっちな脇腹みてしまった・・・集団崩れ落ち案件で傍から見てるとちょっとおもしろかった。
終始トキヤじゃなくて宮野真守というにぎやかなお兄さんで愉快だった。
 
16.NEW WORLD/四ノ宮那月
いつの間にかセンステに立っていた1人の男性が弦楽器を構えて、イントロかかって那月の曲だと認識した瞬間から鳥肌に似たすさまじい興奮がわたしを襲っていた。
那月、めっっっっちゃくちゃかっこよかった。ヴィオラを弾く演奏家をひとり連れて、むき出しで激しくてそれなのにとてもやさしい那月がそこにいた。
レポを巡っていて、ヴィオラを弾いていたのは砂月だったのでは、という解釈を至るところで見つけた。自分自身は見ているときまったく気付かなくて、あっその視点もあったのか、と目からうろこが落ちたような気持ちだったのだけど、振り返れば振り返るほど、そうだったらどれほどしあわせな光景だろう、と思って泣けて仕方なかった。
砂月は弱い那月が生み出した別人格だ。弱かった那月が強くなれば、那月を逆に不安定にさせる砂月は必要がなくなる。そうして強くなった那月にすべてを預けて砂月は消えた。(ゲームの世界線の話)
たぶん、砂月は那月が強くなることを誰よりも喜んだはずだと思って。那月が弱いままであれば、那月が砂月に寄りかかるように今回の「伴奏」を頼んだのであれば、きっと砂月は断るはず。
那月は独特の音楽的感性を持っていて、那月の世界観を作り出すために「生演奏」はひとつのリスクになり得たはずで、完成された演奏ならディスクに収録された音楽で十分だった。それでも生演奏という選択肢をとりたいと思ったとき、那月が那月の作りたい世界観を心底預けられる相手は、砂月しかいなかったんじゃないか。
そして、那月の世界を作るために、もっといえば「甘える」ためではなく「攻める」ために、必要なのが砂月だというのであれば、砂月は喜んで協力したんじゃないかと思うんですよね。
那月が強くなっていなければ、きっとおそらく砂月は同じステージに立とうなんて思ってなくて、砂月は断ると思う。だから那月と砂月のステージは、きっとrepertの時点では成立しない。那月が砂月に寄りかからないでいられるようになって、那月が成長したからこそ、はじめて那月と砂月は同じステージに立てる。そのことを砂月が許せるようになる。
終演後にツイッターみながらこんな妄想話を作り上げてひとりで泣きました。
ねえ、なっちゃん、さっちゃん、さいこうにかっこよかったよ。ほんとだよ。いままでがんばって、ここまで成長してくれて、こんな素敵なステージをみせてくれて、ありがとう。ふたりのことがだいすき。
 
17.木漏れ日ダイヤモンド/一十木音也
初日はまず緊張してるなっておもった。表情もギターを操る指先も振る舞いもなにもかも。少し動きが固くて少し覚束ない手付き、あぁ、慣れないギターを抱えてどんなに不安だっただろう!でもどんどん固さが取れていって、後半にはもうステージを楽しめるアイドルになっていた。2日目はもっと自由にアイドルしていた。音也はステージの上でいちばん自由になるんだ。やっぱりステージの上で生きるしかない、ステージの上でいちばん輝く自担がすきだ。にこにこ笑いながらギターを弾いてステージに立つ音也。全方面のお客さんを見ようと1曲の間に何度も向きを変えて会場を見渡す音也。夢見てた光景だった。
なんだろうなあ、もう泣くとかそういうレベルじゃなく、ぼけーっとしかできなかった。
いまとなってはもったいなかったかもしれない。二次元と三次元の境目がわからないくらい溶け合って、きっとあの瞬間わたしは二次元に行きかけていたのに透明なフィルターみたいな強固に作り上げた自分自身の中にいるキャラクター像に押し戻された気がする。でも終わった頃にはああ、音也がほんとにここで自分のギター抱えて弾いて歌ってたんだって満足感だけはすごくすごくあって、結局のところ、しあわせだったんだと思う。自分という存在が溶けてあのときあの会場に吸い込まれるような、一体感なんてそんな陳腐な言葉では言い表せない、そんなしあわせを音也がくれて、担当として、とても素敵な時間だった。
寺島拓篤さん、あなたが音也の声でいてくれて、ほんとうによかった。
 
18.EMOTIONAL LIFE/四ノ宮那月、一十木音也
上手トロッコ那月で下手トロッコ音也だったかな。最終的にはメインステだっけ?
すげーーーーーーーーーーびっくりするくらい記憶ない。なんだかんだ木漏れ日で食らいすぎて記憶飛んでる。
なんかでもアニメのこと思い出したな。那月と音也が切磋琢磨して生み出した舞台とこの曲は、なんだかんだ愛おしくて。
すごいささやかな振り付けがあってはじめてきーやんが踊った!とMCで話題に。
 
19.Mellow x2 Chu/神宮寺レン
センステ登場、間奏でメインステへ移動。
会場全員をメスにさせるレンさままじレンさまやで・・・ほんとにめろめろになるアレ・・・なんかもうほんと雌猫にさせられる感覚(ジャンル違い) なんかもうなんでもないよ?って雰囲気でばしばし投げちゅー飛ばすのほんとやめてほしい心臓に悪い。
レンさまは毎回ノリのいい曲が多いのでダンサーさんフルに使ってくれるところがすき。
リハーサルの時間がとれないから諏訪部さん自身はそんなに踊れないってそりゃああの仕事量じゃそうもなるよなって思うんだけど、その中でどう振舞うかを毎回考えてきてくれたんだなあって伝わってきていて、諏訪部さんが踊らなくてもアイドルのステージとしてきちんと成立しているのがすごい。アイドルと同じことをしなくてもアイドルのステージを再現しようとする諏訪部さんの気持ちはちゃんとこちら側に伝わっている。
諏訪部さんって毎回エクステつけてきたりとか、今回も公演後のブログで「顔は映さないように」とお願いしていたことを明かしてくれたりとか、毎回毎回プリンスにどう近づけるか、プリンスを見に来ているお客さんに対してどう声優として向き合うかを非常に真摯に考えてくださる方で、ああ、ほんとうに信頼できる、と毎回思わせてもらっている。ありがとうございます。わたしの中でST☆RISH随一の「アイドル」であるレンさまが、諏訪部さんでほんとうによかった。
 
20.すべてを歌にっ!!/来栖翔
超絶たのしかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
今回ソロで誰がいちばんたのしかった?って言われたら問答無用で来栖翔一択。
タオル曲にC&Rとかオタク大好きなやつじゃん!?!?
「ラブ!」\らぶーーーーー!!!!/ 「ドリーム!」\どりーーーーーむ!/
「Go!!」\ふぁいっ!!/ 「True!!」\うぃんぐ!!/
全力で跳ねて全力で叫んでこんな楽しい曲ない。タオル忘れたのでピンク3本でキンブレ振り続けましたが最高にたのしくて本気のジャンプを繰り返していたので最後汗だくでした。
しょっぱなからフライングをしまくり空を飛び続ける来栖翔さん。間奏では宙に浮きながら走ったりする来栖翔さん。まじ空中で生きる男来栖翔。2日目は自ら逆向きで終わりたいんですといってアクロバティックな来栖翔さんまじ2回目にしてフライングに慣れすぎていておそろしい。今後の演出も大変期待したいところ、と思っていたらMCで「もう次は爆薬しかないよね~」きーやんに言われて「爆薬!?でも爆薬!?かな!?」ってなんかちょっとよくわかんないことになってたからまじで命大事にしてほしい翔ちゃん。
 
21.GREEN AMBITION/愛島セシル
センステ登場で間奏移動のバクステ。
ほぼ全編使用されてたドットイメージが最高is最高!!!!!!ドットイメージの生かし方としては正直セシルソロがいちばんだったと思う。
緑色のドットイメージがセシルを取り囲むように点灯する様がもうとにかく美しかった。なんか緑色の宇宙の中心でセシルが微笑むのまじ世界平和だょ・・・。
緑のレーザーも各所できれいに入ってて最高だったような気がするんだけどもうとにもかくにもドットイメージに心奪われてしまってほぼ覚えていないので早くディスクください。
あと最後に舞ってたきらきらの緑の紙吹雪はスタッフさんの手動だったことをお知らせします。大きい扇風機の前でスタッフさんが籠からきらきら鷲掴みして扇風機の前に出して巻き上げるのずっと見てた。なんかおもしろくて。紙吹雪が自動になるくらい貢ごうという決意を新たにした。
 
22.Code T.V.U/神宮寺レン、来栖翔、愛島セシル
この曲もドットイメージが最高にいい仕事していた・・・。
レンさま翔ちゃんセシルということでセンステのせりあがりステージに外側からレンさま翔ちゃんセシルでオレンジピンク緑で光るドットイメージの照明・・・どんどん形を変えながら3色でいろんな姿を見せてくれたドットイメージさん最高だよ・・・正直ドットイメージしか覚えてないくらいドットイメージが最高だった・・・文字で説明できないからみんなシネライ及びDVD楽しみに待とうな・・・
あとこの曲もメンカラレーザーがばんばん飛んでてよかった。翔ちゃんのピンクとレンさまのオレンジとセシルの黄緑。普通にみたら喧嘩しそうな色合いなんだけど個性のぶつかりあいって感じがまさしくST☆RISHちゃんって感じでよかったな。
 
23.Secret Lover/一ノ瀬トキヤ
まあ正直この曲のために来たみたいなところあるじゃん????????ジャニオタとしてはね??????????
イントロから1番はセンステで椅子、2番からは花道通ってメインステに向かい、ステッキ中心のパフォーマンス。椅子とステッキという大盤振る舞いでもうジャニオタ倒れるかと思った。まじで叫びすぎてて記憶がほとんど飛んでる。
椅子に寄りかかるトキヤはえっちだったしステッキさばく姿も最高にえっちだったしとにかくトキヤはえっち(合言葉)
宮野真守が中の人であることをこれほど生かした曲はもうindependenceで最後かと思ってたのに次の曲これとかほんとうに最近のうたぷり楽曲アイドル路線突き詰めすぎててやばみ・・・もっとアイドル楽曲やろう・・・もっとえっちな曲やろう・・・(本音)
まあただ最終的に何を思ったかっていうと椅子とかステッキとかえっちな振り付けとかもう亀梨和也案件を一ノ瀬トキヤで持ってくるのはやめろってところですかね!!!!!!!!!どこもかしこも亀梨和也みがすぎる!!!!!!!!!!!!!!!違う次元の自担を見に来たはずがこの次元の自担を見せられている気分なのに実際は違う次元の他担を見ているというこの混乱具合!!!!!!!!!!!担当という概念が混線模様!!!!!次元担当混同もいい加減にしろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
24.静炎ブレイブハート/聖川真斗
ぶれいずっっっっに尽きるこの曲。
バクステ下手側からトロッコで登場、メインステへ移動して最後はメインステ。
最高に楽しかった・・・ぶれいずコール最高だった・・・やはり声を出して盛り上がれる曲というのはよい・・・。
アリーナでめっちゃUO焚いてるひといて思わずガン見してしまった。たのしそうでなによりだ。個人的にはUO焚きたい人は焚けばいいとおもってて楽しめるのがいちばんだよ。
 
25.ORIGINAL RESONANCE/聖川真斗、一ノ瀬トキヤ
寒色組のこの曲、アニメの演出も最高によかったのでやたらと人気の高い曲だよな~。「オリジナルレゾナンス」をドヤ顔でいうふたりに合わせる!!!!!!分!!割!!画面!!!!!!!!!!!最高にアイドルですどうもありがとうございましたこの曲でいちばん興奮したのは分割画面です。左がまあさまで右がトキヤだったね。
 
26.マジLOVE2000%/ST☆RISH
もうなんかどうしようもなくたのしくてハッピー全開でこんなに満たされて大丈夫かよって感じ・・・なにも覚えていない・・・C&Rに全力を発揮しすぎて記憶がない・・・。
 
○ST☆RISH MC
すたりのMCは今回はトキヤ担当でした。まあトキヤっていうか宮野。
笑顔でさくさくまわしていくのでなんていうかちゃんと整頓されたMCだった。粛々と予定通りこなされていくMCをみる安心感。
カルナイは結構雑談っぽい感じでえ??リハとかした??大丈夫??流れあってる??って感じなのに4人ともきちんと喋ってるというか自分のソロの話とかも適度にしていて、なんか両者の違いがおもしろいなと思った。
個人的にはトークテーマがしっかり決まっていて全員分に話をまわそうとするST☆RISHちゃんはめっちゃジャニーズバレーユニだなって感じだったし、適当に喋ってる感じの雑談っぽいのはKAT-TUNみたいな雰囲気感じた。
 
27.サンキュ/シャイニング・スターズ
上手と下手は1番終わりで入れ替わり。ラスサビは11人で円形に並ぶ。
初日のことなんですけど、わたし下手寄りのセンステ近くの席だったんですよ。
音也立ち位置近めでずっと見つめていた。歌詞を噛み締めるようにきいていた1番終わり、立ち位置変更で上手と下手が入れ替わるとき、下手の全員に向けてって感じで、とってもラフにばいばいって一度手を振ってわらったんですよ。元気な感じっていうよりは満足げな感じで、思わず浮かべられたってくらいのほんの一瞬の表情は、何の意図もなかったようにみえる。でもそれ見た瞬間、膝から崩れ落ちて涙が止まらなくなって。
ああ、わたしのあいした一十木音也の表情だ、ってコンマ1秒で思った。寺島拓篤の表情じゃない、あれはきっと一十木音也が寺島拓篤というフィルターを通してわらったんだ、ってつよく感じた。あの瞬間、わたしのだいすきな一十木音也はさいたまスーパーアリーナにいたんだ。ぜったいいた。あの表情をみせてくれた、寺島拓篤という演者に心から感謝した。
わたしはそもそも寺島=音也という認識はありません。音也みたいだなとおもう瞬間はあるけど、いろんなところに差分がみえてしまう、自分の中に強固に作り上げられた一十木音也から少しでもぶれてしまうと気になってしまうわたしは、単純に楽しめていたわけじゃない。いろんなところで差分を見つけては、「ああ、一十木音也は存在しないアイドルだ」って何回もこの日も思っていた。
それでも、たった一瞬、わたしの目に映った寺島拓篤の表情は、わたしの認識する一十木音也そのものだとおもえる瞬間があった。それだけでほんとうにしあわせだった。いくつもいくつも音也じゃない瞬間があって、そのこと自体は責めるつもりは微塵もない。それでも最後の最後、ここでわたしのあいした一十木音也に会わせてくれた、寺島拓篤に心から感謝している。ほんとうにありがとう。しあわせだったよ。
 
○挨拶
2日目のまえぬ挨拶「カミュには到底追いつけませんが背中を追いかけていきたいと思います」ってきいてまあ泣いたよね・・・まえぬのそういうところほんとうにすきだよ・・・。まえぬほんと地味にウィンクとかカメラ目線とか表情とか小技身に着けてきてちゃんと板についてきてるの軽率に泣ける・・・。
森久保の挨拶で泣きすぎてえらいことになった。「今回ははっきり言ってパーフェクトじゃなかった。今回は図らずもエボリューション「イブ」です。次回は本当のエボリューション、革命をお見せします」って言ったのほんとうにカルナイだし寿嶺二だしあまりにも眩しくて泣くしかできなくて。だめだ思い出しても目頭が・・・。
達央も「次はリベンジします」って言ってて、ほんとうに次のカルテットナイトを、もっとパワーアップしたパーフェクトな姿で見たい。
個人的に自担はこれからも音也なんだけど、グループとして推したいのはどう頑張ってもカルナイで、カルナイそのものもカルナイの曲もほんとうにほんとうにだいすきで、個性のぶつかりあいからはじまったカルナイが今回の達央の怪我というアクシデントを通じて強烈にチームとしてまとまってる姿を見せ付けられたの偶然の産物だし不幸な事故とはいえエモすぎてほんとうに泣いた。今回ちょっとほんとカルナイはエモみがすぎる。
おかげで自担の挨拶ぜんぜん覚えてないんですけど音也が「俺の好きな色にして~」っていうから客席ペンライトの色を合わせて変えたのに「わ~~~オレンジから赤に変わってもあんまわかんない~~~~」という大変危ういコメントをしてくれてほんとうに一十木音也でしたどうもありがとうございましたお前本当にいつか誰かに刺されるぞ・・・。
 
28.GOLDEN☆STAR
シャイニング事務所のみなさんがセンステのせり上がりステージでまわっていらっしゃるってそれだけで興奮するのに歌ってる曲がGOLDEN☆STARとかもうまじ軽率に泣く。
カミュさまが2番の「背中で見守ろう」のところでカメラに背中見せながら肩越しにウインクしたのアイドルすぎて・・・まえぬどこでそんな技覚えたの・・・。
 
E1.マジLOVE1000%
ST☆RISHがトロッコでカルナイが花道。
わたしが最初にST☆RISHにドンガラガッシャンと音を立てて落ちたきっかけの曲です。
なんだろうな・・・あの日画面の中にあったアイドルの現場がいま目の前にあること、それそのものがほんとうに不思議なんだけど、ほんとうにほんとうにたのしくて、画面の中のオタクたちがそれはもうたのしそうにしてたのがそのまま自分になったみたいで、ほんとうにしあわせな時間だった。
 
 
○その他雑感
アニメ絵でキャーーーーーーって沸くのちょっと新しい文化をみた気持ちだった。個人的にはライブに来てる前提だから帰ったらいつでも見れるアニメ絵より演者を見たくなる。ただでさえステージの構造上死角がめちゃくちゃ多かったので、映像切ってしまうと演者がなにやってるかまったくわからない席も相当あったはずなんですよね・・・。ただ、二次元と三次元を繋ぐ媒介としてあの場にアニメ絵があることでより多くのお客さんが世界に入り込めるというのならアリだよなとも思う。後日のブログで諏訪部も発言していた通り、「寄りでとらないで」と演者さんのほうからお願いがあるくらいなので、三次元と二次元を繋ぐ媒介として大多数にとってアニメ絵がより高い効果をもたらすならそれは絶対にやるべきだなと思った。
はしゃぐのに全力すぎてアイドルとしての姿を追う心意気が足りなかったなとあとから反省した。C&Rに必死すぎて何も覚えていない曲が多すぎることについて反省したい。
 
というわけでクソ長ったらしい感想ブログを終了しますお疲れ様でしたここまで実に18000文字超えてますすまんな・・・まとめられなかったよ今回は・・・