読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたいちょろい

二次元三次元ひとっとび

KAT-TUNオタがおすすめするKAT-TUN曲16選

ジャニーズ

最近ちょくちょくカウコンDVDでKAT-TUNに落ちた、ということをよく聞くので、ならば、とKAT-TUNを好きになった人とか他担向けに、ぜひ知ってほしい曲を勝手なお勧めポイントとともに語りたい!という勢いだけで書き散らした。

もちろんのこと個人的なおすすめ、であることはご了承ください。

事前情報として、書き手はアミーゴ出の永遠の新規、亀梨担です。

ちなみになぜ16?というと、最新アルバムcomeHereの曲数が16だったので、アルバム1枚分にまとめる、がテーマ。
6人時代、5人時代、4人時代、とそれぞれ選曲しましたが偏りはあります。書き手の好みです。


・NEVER AGAIN
収録アルバム:Best of KAT-TUN
収録DVD:KAT-TUN Live海賊帆, Live of KAT-TUN "Real Face"
わたしの中の不動のベストオブKAT-TUN
この曲のパフォーマンスがほんとうにほんとうにだいすきで、これがなかったらKAT-TUNオタになってなかったかもしれないくらいの1曲。
1番サビが丸々赤西ソロパート。この赤西鬼かっこいい。かっこいいしか語彙がない自分が悔しい。「どんなつらいことからも愛を守る」挑戦的に見据えた瞳でこんなこと歌ってる赤西仁がかっこよくないわけがない。もういま見ると画質がアレなんだけど、ぜひ海賊帆で見て欲しい。ごくせん撮影中の隼人ビジュでガシガシ歌って踊る赤西仁最高。
赤西のバックで踊る5人も最高にかっこいい。
大サビのソロパートのつなぎもそれぞれの個性が出てるベストな歌割り。そのあと来る赤西の高音フェイクはこんなにこいつ高音出せるの!?って驚きなのでCDでも聴いてください。ほとんどホイッスル。(高すぎて)

・I LIKE IT
収録アルバム:Best of KAT-TUN
収録DVD:KAT-TUN Live海賊帆, Live of KAT-TUN "Real Face"
パフォーマンスにひとめぼれした曲。
海賊帆のDVDを見た当初、KAT-TUNにしては数少ないファンが一緒にできる振り付け曲ですごい憧れた。早く現場で自分もこの振りやりたいって強く思った。
そもそもこの曲のすごいところはサビで4重にパートを重ねていくコーラスパート4人とそれに重ねるフェイクを担当する仁亀の力量しかも発表当時ジュニア。
ジュニアでこの曲やってたKAT-TUN素直に本当にすごいと思う。KAT-TUNの細くやわらかいコーラスとかファルセットが好きな人は絶対好き。
この曲の正統後継曲がSWEET CHAINだと思ってる。そりゃあみんなスイチェンすきだわ。

・SHE SAID...
収録アルバム:Best of KAT-TUN
収録DVD:Live of KAT-TUN "Real Face", その他
ファーストアルバムの1番手として収録された、これぞKAT-TUNという感じの攻撃的な曲。
初披露はデビュー前。Break the Recordsコン(通称惑星コン)までずっと盛り上げ曲としてセットリストに入っていた6人時代の鉄板。ロック調でラップあり、ボイパあり、と当時のKAT-TUNの特色を全部乗っけて最高に煮詰めた曲。
Mステウタワラ等デビュー直前期でメディア露出期に歌う機会の多かった曲なので、おそらくこの曲でKAT-TUNに引きずり込まれた人一定数いると思う。
赤西中丸の高音低音コンビで聞かせる「IF YOU LOOK BACK, I WON'T FORGIVE YOU」が最高にかっこいい。

・ハルカナ約束
収録アルバム:Best of KAT-TUN
収録DVD:Live of KAT-TUN "Real Face", その他
デビュー前に作られていまでもずっとライブの定番に居座り続けるKAT-TUNといえばこれ!な1曲。
ライブではアンコールの定番曲。最近じゃアンコールでもやらんダブルかトリプルあるときだけかな・・・。あのギターのイントロが流れただけで歓声が上がる。
ベストオブしんどい歌詞「信じるキミがついたウソならそっとココロにしまうよ」
ベストオブ大切な歌詞「あの日俺たちが信じた夢 刻むハルカナ約束」
この2つだけで、なんでファンがこの曲を大切に思っているのか伝わると思う。


・Will be all right
収録シングル:Real Face(通常版)
収録DVD:Live of KAT-TUN "Real Face", その他
みんな大好きウィルビー。デビュー直前のグラチャンバレーで使われた曲でした。
いまCD音源できくと若くて跳ねるみたいな希望に満ち溢れたKAT-TUNの声で泣きたくなる。あのとき目の前に広がっていた未来は明るかった。
赤西が中心になって考えた応援ソングとしての歌詞が本当に身にしみるし泣ける。
歌詞を書いたのがデビュー前5年もジュニアでグループ組んでてやっとデビューが決まる直前の時期、という前知識を持って歌詞みながら聴いてほしい。ライブで聴くたび泣いてるけどこんなしあわせな曲ないです。
「仲間と繋いだ楔 やっと見えてきた光 これだけは負けない」
「いつまでも消えないよ あのとき誓った想い 明日へと進もう」
「頑張ってる君の目が世界中に輝いて 未来さえ変えていく 今ここで」

・Keep the faith
収録シングル:Keep the faith
収録アルバム:KAT-TUN III -QUEEN OF PIRATES-
収録DVD:KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES, その他
赤西仁主演有閑倶楽部主題歌。ライブではどしょっぱつ5曲以内に来るパターンが多い鉄板曲。
氷室京介さん万々歳と言わざるをえないスーパーかっこいい曲。
何がいいってメロディー。Aメロの押さえた感じから、サビの「No No No」での爆発感。
4人になっても歌い続けているほど、この曲には助けられている。本当に氷室さんに良い曲を書いていただけてよかった。しみじみ初期のKAT-TUNのシングルは名曲だらけ。
コンサートで間奏にウォイの掛け声やるのが心底たのしくて好き。
余談ですが、3rdアルバムの1曲目T∀BOOからのKeep the faithへのつなぎは最高に痺れますのでぜひ。本当にこの配置、この間隔でこの2曲を並べた人が名人技すぎるので聴いてほしい。

・HELL,NO
収録アルバム:KAT-TUN III -QUEEN OF PIRATES-
収録DVD:KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES
頼むからDVDで見てくれ頼むから。
大サビの仁亀「One day you will find it」のハモリとそのあと同時に振り返る仁亀がほんとうにきれいにシンメでうつくしい。
サビの振り付けも攻めてる感じでザ・KAT-TUNっていう感じなんだけど、KAT-TUNにしては珍しく頭文字順で横並び1線のフォーメーションだったのが新鮮(というか久々)でかっこよかった。
田中聖のラップが冴え渡る入りが最高にかっこいい。

・OUR STORY~プロローグ~
収録アルバム:KAT-TUN III -QUEEN OF PIRATES-
収録DVD:KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES
こんな名曲がなんでアルバムQUEEN OF PIRATESを引っさげたツアーでダブルアンコール扱いだったのかいまでも疑問。(ダブルアンコはないときもあったので、ツアー参戦してても聞けていない人がいる)
プロローグといいながら後悔じめじめ系。でもメロディーがふわっと軽やかメロディアスなので、歌詞の重たさに一見気付かないギャップの曲。
ラストパートの高音で畳み掛ける部分で鳥肌が立つ。
一回は歌詞を見ずに聴いて、そのあとに歌詞を熟読しながら聴いてほしい。

・MOON
収録アルバム:Break the Records -by you & for you-(通常版)
収録DVD:KAT-TUN LIVE Break the Records, COUNTDOWN LIVE 2013 KAT-TUN
和服担、さあこれを見ろ。和風ロック担、さあこれを聴け。
みんな大好き和風の羽織と和ロックの贅沢な曲。
色とりどりの羽織をひっかけて、傘を傾けてくるりと回る、その和の風情。
メロディーが歌っていて最高に気持ちいい突き抜け方。Bメロの赤西の上ハモが好きすぎて耳に残る。KAT-TUNが女性視点歌詞って最高に似合う。
パフォーマンスも非常によかったのと、亀梨和也の傘の傾け方が芸術作品すぎるので、Break the RecordsのDVDで見てほしい。(時間があれば1582通称いちごぱんつも)

「生まれ変わっても抱きしめてね 夢の中でいいよ 私を愛して」

THE D-MOTION
収録シングル:Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜(全種類)
収録DVD:KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010, COUNTDOWN LIVE 2013 KAT-TUN
Mステで披露したパフォーマンスが最高にかっこよかった伝説の1曲。
デジタル加工の効いたディスコティックパーティーチューン。テンション上がる。踊ろうよのその誘いに乗って踊り明かしてそのまましにたい。
田中聖の「Countdown then 3」から始まるわくわく感。
中丸雄一の「Boom Boom」のしびれる低音。
上田竜也の「Rock ur body」の巻き舌。
赤西仁が"b"の破裂音を繰り返してたたみかけるサビ前。
田口淳之介の「ここに来て気持ち上げていこう」のなんかよくわかんないスーパー説得力。
亀梨和也の歌う「回りくどいのヤだ」の小悪魔感。
こんなテンション上がる曲あるだろうか。最高にそれぞれが出来る仕事をやって最高のものを作っていた、この時期屈指の名曲名パフォーマンス。

・PERFECT
収録シングル:WHITE(全種類)
収録DVD:KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN TOKYO DOME, COUNTDOWN LIVE 2013 KAT-TUN
KAT-TUNだってさわやかな応援歌歌えるんですよ!!!
発売された時期としてわたしが就活生だったせいもあるけど、最高の就活ソングでした。
Mステで披露されたときの真っ白な衣装が最高だった。まぶしいホワイトカトゥーン。笑顔で歌うKAT-TUNにこんなにも励まされてわたしは生きていると強く思った。
東日本大震災の直後の放送で、A面だったWHITEから急遽曲変更があってPERFECTになった、そのエピソードも、KAT-TUNらしくてすきです。KAT-TUNとして提供するものに妥協しないその姿勢と、そのファンを思いやる心が好きだ。

・SWEET CHAIN
収録シングル:RUN FOR YOU(通常版)
収録DVD:COUNTDOWN LIVE 2013 KAT-TUN
KAT-TUNの高音ファルセット厨が火を噴いて倒れる案件通称スイチェン。
たかだかカップリングだったくせに人気が高く、歌番組MUSIC LOVERでも披露したので、後期カップリングには珍しく動画で見ることが出来る曲。カウコン2013でも披露されたのでDVDでも見れます。
サビを全編ファルセットのコーラスで押し通すというアイドルとしては挑戦的な曲。
KAT-TUNのことを歌うまいっていうのはちょっとニュアンスが伝わりづらくて、手越さんとか渋谷すばるさんみたいなわかりやすい声量があって、みたいな上手さではなくて、重ねたときのコーラスワークの妙が歌をうまくみえて?きこえさせて?いると思う。
KAT-TUNって全員がとてもやわらかい細い声をしていて響き方が似ているので、コーラスを重ねたときにきれいなところがいちばんの推しどころなのではないか。*1

・in the dark
収録シングル:不滅のスクラム(初回限定版)
収録DVD:なし
不滅のスクラムのカップリング曲。
もう一にも二にも、歌詞に拍手喝采。「明日も百年後も交差しない時の果て 近付けば遠ざかる蜃気楼のキミは」なんだもうこのどうしようもない絶望感。
KAT-TUNにこういう「もう戻れない」みたいな思いつめてじめじめした歌うたわせると最強にぞくぞくする。KAT-TUNってハッピーじゃない曲の方が似合う。(ごめん)
KAT-TUN結構マイナーコード似合う感じの声だと思う。たぶん亀梨和也上田竜也がそうだから余計そう聞こえる。

 

・FANTASTIC PLANET
収録アルバム:楔-kusabi-
収録DVD:COUNTDOWN LIVE 2013 KAT-TUN
規模の大きな曲が似合うKAT-TUNはとうとう世界を飛び越えて宇宙で愛を歌うように。
「ちょっと不思議な世界 豪快なスペーストラベラーズ この愛は壮大なDREAM」
歌詞もそうだけど、それ以上に音の作りが好き。ポップな音がきらきらしてる宇宙のイメージ。4つ打ちのビートの刻みが気持ちいい曲。
サビのメロディーは歌いだしたくなる。一時期こればっかりリピートしていたくらいの中毒性。

 

PHOENIX
収録アルバム:楔-kusabi-
収録DVD:COUNTDOWN LIVE 2013 KAT-TUN
この曲だけは物語的に語ることを許してほしい。
2014年10月田中聖脱退後、すぐ発表された年末年始のカウントダウンコンサート。聖がいなくて、盛り上げ番長がいなくて、わたしたちは楽しめるのか。疑問を抱いたKAT-TUNオタの不安を全部吹っ飛ばしてパフォーマンスで黙らせた名曲。
不死鳥というタイトルがつけられたKAT-TUN再生の一手で、KAT-TUNは何も変わらないっていうことをわたしたちに教えてくれた。
言葉じゃなくパフォーマンスで、これからもKAT-TUNは歩き続けるという意思表明を説得させるKAT-TUNが好きだ、ずっと。
曲だけでも強かったけど、赤い衣装と火の演出でかなり強めの味付けをされた曲。KAT-TUNのドーム規模の演出のすごみが堪能できるので、ぜひカウコンDVDで見てください。

・HIDE&SEEK
収録アルバム:come Here
収録DVD:なし
まあまあとりあえず映像で見てくれよ(まだ出てない)(ディスク出そうな雰囲気はあるので、ぜひ発売されたら見て欲しい)
ツアーでは歌詞の文字列を効果的に使った映像で世界観を作っていく結構独特な曲でした。*2
全力で厨二心をくすぐってくるKAT-TUNワールド代表格。中学生絶対好きだから。
わたしがこの曲でいちばんすきなのは中丸のあの無表情で歌われる「時計仕掛けに満ちてく」です。無機質な響きすぎてぞっとする中丸血が通ってないんじゃないだろうか(一応褒めてる)。



勢いだけで書いたけど、KAT-TUNの楽曲どれも推せるよ!最高だよ!ってことだけ伝われば感無量。
あわよくば、1曲くらいは興味わいてこれきいてみたい!と思っていただければうれしいです。

 

 

<本日の収録曲(だいたい時系列順)>
・NEVER AGAIN
・I LIKE IT
・SHE SAID...
・ハルカナ約束
・Will be all right
・Keep the faith
・HELL,NO
・OUR STORY~プロローグ~
・MOON
THE D-MOTION
・PERFECT
・SWEET CHAIN
・in the dark
・FANTASTIC PLANET
PHOENIX
・HIDE&SEEK


☆ボーナストラック
・Love or Like
収録アルバム:cartoon KAT-TUN 2 U(初回限定版特典CD)

収録DVD:KAT-TUN Live海賊帆

そこ誰だよマイナーって言ったやつ!知ってるから!
といいつつもセカンドアルバムに収録されているので、過去曲にしては現在でも手に入れやすい曲だとおもいます。(KAT-TUNデビュー前の未収録曲多すぎていまだに泣いてる)
なにより赤西仁の書く歌詞がほんとうにすきだった。
デビュー前というよりごくせんより前の赤西仁の作詞がすごいセンシティブというか繊細で切ないぎゅって締め付けられるようなニュアンスがすっごくよかった。だいすき。なのでhesitateもムラサキ(どっちもデビュー前の赤西ソロ)もすきです。
メディアでの赤西仁の印象しか知らない人はLove or LikeとかムラサキとHesitateの歌詞みてひっくり返って、また作詞が本人っていうのでもう一回ひっくり返ると思います。こういう歌詞が書ける子なんです赤西仁。(注:亀梨担)

・青天の霹靂
収録アルバム:なし
収録DVD:なし
音源が残っていないので泣く泣くボーナストラック行きにしたけどすんごくすきな曲。
初披露はまぎれもなくKAT-TUNだけどいまのいままで音源にもDVDにもならなくてジュニアの曲みたいに扱われることもあるけど、いまでもこれはKAT-TUNの曲だとおもってるし、KAT-TUNのパフォーマンスがいちばんかっこいいと思ってる。(盲目許して)
ツイートでも何十回と言ってきたけど「2回目のキスは痛いからスキじゃない」と成人前の亀梨和也に歌わせた人は天才。もうぎゅんぎゅんくる。このパートの亀梨和也がカメラアピール込みで最高なので出来ればMステか少クラの動画を見て欲しい。
「ワレタカガミノ~」から始まるラストパートの赤西高音ハモが鳥肌モノ。

 

 

パフォーマンス厨なので、推すなら絶対にライブDVDです。 

 

*1:4人になってからは余計声が細く聞こえるんだけど、赤西も聖も甘い声で、やわらかい雰囲気歌わせると天下一品だった。on my mindとか聴くとよくわかる

*2:ニコ動好きな人はボカロPVでよく見る文字列を動かすアレを想像してほしい